カットモデルをすると

カットモデルをすると

カットモデルに応募し、失敗したことがあります。応募した動機は、カットするときのコストを安く抑えられるからですが、しかし、新人の美容師さんの技術を試すというのが、応募したカットモデルでした。カットモデルといっても、何をするのかというのは、美容室によって違うのですが、新人の美容師さんなので1人で全部を仕上げることはなくて、しっかりと指導するスタイリストさんも付いていたので安心していたのですが、それも間違いでした。

 

付いていたスタイリストさんのチェックが甘かったのか、それとも、時間が遅かったので疲れていたのか、どうしても出来上がると、毛先のバランスが整っていないような感じがしました。美容師をしている友人に聞いて見ると、スタイリストは完ぺきに仕上げるのが仕事なので、不満がある時は、すぐそれを伝えて、スタイリストさんにカットし直してもらうほうが良いとのことです。小心者なので、そういうことも中々言えないのですが、しかし、そもそも安くカットが出来て、コストが安く済むと欲張った自分がいけなかったのかもしれません。